>

メリットとデメリットがある

正規店に断られた場合

スマホの壊れぐらいによっては、正規店に修理を断られる可能性があります。
特に、マナーモードのボタンやホームボタンが正常に起動しなくなった時に相談しても、修理できないと言われるかもしれません。
その場合は買い替えるしかないと、諦めてしまう人はいませんか。
しかし正規店で修理ができなくても、非正規店で修理できる可能性があります。

タッチパネルが勝手に動く、逆にまったく反応しないといったトラブルにも非正規店は対応しています。
対応できる幅が広いので、非正規店がどこにあるのか調べておくといいですね。
普段は正規店に修理を任せている人でも、もしかしたら依頼する機会があるかもしれません。
事前に調べておくと、迅速に依頼できます。

注意する部分を把握しよう

1回でも非正規店に修理を依頼すると、これから様々な保証サービスを受けることができなくなってしまいます。
その理由は、非正規店で修理したことで、スマホを改造しているとみなされるからです。
改造版のスマホは、保証サービスの対象外になります。
スマホの保証期間が、あとどのくらいなのか確認してからどこに修理を任せるべきか判断してください。

また使い終わったスマホを下取りしてくれるサービスを実施しているお店が多いです。
しかし改造版のスマホは、対象外になると覚えておきましょう。
下取りしてもらえないので、別の方法で使い終わったスマホを処分してください。
自分で処分してくれる機関を探して、持って行かなければいけないので面倒です。


この記事をシェアする