>

どこがいいのか違いを知ろう

保証期間内か調べよう

スマホが壊れたけれど、修理する時は高額な費用が発生するのでそのまま使っている人が見られます。
特に正規店に依頼すると、出費が大きくなると思っているでしょう。
しかし保証期間内であれば、無償で修理するサービスがあるのでお得です。
スマホが壊れても落ち着いて、まだ保証期間内なのか調べてください。

落とした時に、スマホの画面が割れてしまった人が見られます。
スマホはデリケートで壊れやすいので、落とせばすぐに画面が割れます。
その場合は、2階まで無償で画面を交換してくれるサービスがあります。
非正規店に持って行くと、どんな修理でも料金を請求されます。
お得に修理してもらうなら、保証期間のうちは正規店に任せるのが賢い方法です。

信頼できる部品を使っている

正規店はメーカーから渡された純正の部品を使って、スマホの修理をしてくれます。
ですから修理後に、トラブルが起こることはありません。
非正規店は、純正ではない部品を使って修理をします。
ですからスマホに合わなかった場合は、修理した後でもすぐトラブルが起こってしまいます。
どんどんトラブルが大きくなるのは避けたいですよね。

正規店は、安心感があります。
非正規店は、自分のスマホに合う部品を扱っていないことも多いです。
部品がなかったら、修理を断られてしまいます。
複数のお店に断られることもあるので要注意です。
正規店は常に部品がたくさんあるので、どんなスマホの修理でも受けつけているでしょう。
確実にスマホを修理したい人は、正規店へ依頼してください。


この記事をシェアする