どこがいいのか違いを知ろう

正規店とは、スマホのメーカーから正式に認定された修理店のことをいいます。 メーカーから渡された部品を使っているので、スマホにピッタリ合うでしょう。 また、保証期間内であったら無償で修理してくれる面も助かります。 保証期間内は、正規店に行きましょう。

おすすめリンク

雛人形修理をしたい!

大事にしていた雛人形がこわれてしまった!雛人形修理業者を見つけるのはどうしたらいいのでしょうか。

純正の部品を使っている

スマホが壊れたら、正規店に修理を依頼してみましょう。
購入して2年以内に壊れた場合は、無償で修理を受けられるなどの特典があります。
非正規店との違いは、部品に純正を使っているという部分です。
ですから、修理したあとにすぐ壊れるというようなトラブルは起こりません。
扱っている部品の種類も豊富なので、どのようなスマホでも修理を受け付けています。

しかし正規店に修理を任せた場合は、データを初期状態に戻すことが多いです。
これまでのデータが消えてしまうのは、困る人がいるでしょう。
非正規店は、データを残したまま修理してくれると言われています。
また正規店は、混雑しやすい面がデメリットだと言われています。
店舗数が全体的に少ないので、特に休日は混みます。
たくさんの人が修理を依頼している際は、自分の順番が後回しにされることが多いです。
仕事でスマホを使う人は、早く修理を終わらせないと支障が出るので困りますよね。
早く修理してくれる、非正規店がおすすめです。

非正規店にしかできない修理もあるので、正規店で断られた場合は諦めないで非正規店に相談してください。
マナーモードのスイッチが壊れた、ボタンが反応しないといったトラブルは、非正規店でしか修理できないと言われています。
しかし1回非正規店で修理を受けると、改造品扱いになってしまいます。
改造品は、保証サービスを受けることができません。
また使い終わったスマホの、下取りができなくなります。

修理期間が短い非正規店

非正規店に任せるのは、不安だと思っている人が見られます。 しかし非正規店には、正規店にないメリットがあります。 それは、データを守れるという部分です。 大切なデータを失いたくない人は、非正規店に任せるといいでしょう。 他には、対応が早いというメリットも見られます。

メリットとデメリットがある

非正規店にしか、できない修理も存在します。 ですから非正規店を利用する人が多いでしょう。 しかし、非正規店に依頼する際は注意が必要です。 非正規店に任せると、スマホは改造版になります。 これからは正規店で保証してもらうことができなくなるので、理解した上で依頼しましょう。